店舗デザインで機能性は重要なファクター

店舗デザインにおいて、機能性を重視しないオーナーは少なくないです。例えば店舗が機能的にできていないと、実際に運営してみると現場が混乱することがよくあります。導線が重なりすぎて、お客さんと店員がぶつかるということなどが典型例です。これは店舗のデザイン次第で変えることができるのです。また、機能性を考えるのであれば、お客さんと従業員の動きを想像することが重要になります。お客さんが入ってから出ていくまでの流れとそれにサービスする従業員の動きです。どちらもスムーズに動いているかを想像してみると、店舗が機能的かが分かります。しかし、どちらかの動きが止まるようであれば、店舗デザインを改善するとさらに機能的な店舗に変えられるでしょう。

内装のデザイン性と機能性をマッチさせる

店舗の機能性を重視するとデザイン性がなくなると考える人は多いです。しかし、機能性とデザイン性をマッチして店舗デザインに取り入れることは可能です。そのためには機能性から考えることが重要です。機能的な店舗の作りにして、その機能性をどのようにデザインで隠すかを考えると上手くデザイン性が出るでしょう。逆にデザインを先に描いてしまうと、機能性を後から当てはめるのは難しいです。そこに何が必要かは機能性の方が選択肢が少ないからです。また、内装のデザインは柔軟に変えることも重要でしょう。機能性を優先させるために、デザインが固まったものになってしまうと、機能性を取り入れられなくなります。材料や質感などにある程度幅を持たせておくと、機能性を優先させても当てはめやすくなります。

内装デザインでのポイントは、家具選びを後回しにしないこと、見せる物と見せない物で収納は分けること、床材は少し良い素材を選ぶことです。