家造りの総額は分かりにくい

家造りを考えた時に避けて通れないのが資金計画です。多くの人は限られた資金の中で希望を叶えた家を建てたいと思っています。ただ、家造りにかかる総額は分かりにくいのが現状です。家の値段を考える時によく出てくる坪単価も総額とは異なります。坪単価とは何か?総額はどのように推測したら良いのか?についてまとめました。

坪単価とは何か?総額との違いは?

坪単価とは、1坪当たりの建築費を指し、建物の本体価格を延床面積(坪)で割った数値のことで、チラシや広告に「坪単価40万円~」などと表記されます。 例えば、延床面積30坪の建物を2,100万円で建てた場合の坪単価は70万円になります。ここまで分かると、坪単価に延床面積を乗じれば総額が算出できそうに思えますが、坪単価には含まれていない費用が意外と多いのです。これらの費用は一般的に諸経費と呼ばれます。また、坪単価に何を含めるかは施工業者次第ですので、見かけの坪単価の安さに騙されないよう注意しましょう。

資金計画は諸経費も含めた総額で考えよう!

坪単価に含まれていない諸経費にはどのようなものがあるでしょう。まず、外構費があります。外構費とは、玄関アプローチや駐車場、塀などを作る際の費用で数十万円以上かかります。また、水道工事費も水道管の状態によりますが数十万円ほどかかります。また、水道加入金として都道府県に10万円前後支払います。建物の登記も必要ですが、司法書士に依頼すると10万円~15万円ほどかかります。
このような諸経費はローンに含められない場合もあるので、資金計画に事前に入れておくことが大切です。

3000万の家を住宅ローンを使って購入する事ができます。金利や完済年数等を考慮して住宅ローンを選ぶ方法が取れます。