礼金は0円であっても問題はない

賃貸物件における礼金とは、部屋を貸していただいた大家さんなどに対して感謝の意を込めて送るお金のことです。昔は大家さんが部屋を借りている人たちの世話をしていたことがあり、そのお礼としてお金を送っていた。礼金はその習慣の名残といえます。
礼金0円の賃貸物件というのは住む人にとっては何のデメリットもありません。それどころか、空き部屋が増えているなどの事情によって礼金0円の物件は増えています。誰かが住んでいないと家賃収入が発生しないので、住む人を少しでも集めたいという意図がそこに込められています。
また公的融資を利用して建てられて賃貸物件もまた礼金が発生しません。公庫融資、年金融資、財形融資などから資金を調達した場合は、礼金を受け取ることが法律で禁止されているからです。

敷金が0円のときは要注意

敷金とは賃貸物件の保証金の1つのことです。未払いの家賃に対する補償や、部屋を修理したときの代金、退去時のハウスクリーニング代金などはここから賄われることになります。また、敷金はあくまでも保証金の1つなので、退去時に残っていた場合は全額が借り主に戻ってきますので、安心してください。
そして敷金が0円の賃貸物件を借りる場合は退去時に注意が必要となります。部屋の修復代やハウスクリーニング代などは敷金から支払われるのですが、0円なので借り主に別途請求されることがあるからです。そのため敷金0円の賃貸住宅を借りるときは、修理代やハウスクリーニング代は誰が支払うのかを確認してから借りるようにしてください。

新札幌の賃貸物件はファミリー向けのものが多く、単身者向けの物件が少ないです。単身者の方お部屋探しの際はご注意を!