プライバシーを保つこともメインに

毎日の生活には、おびただしい回数の移動が伴います。家の中での生活動線は何本にもなり、複雑に交錯します。それらを家族の暮らしに即して、平面プラン上で、整理しなおすことで、住まいのあちらこちらへスムーズに移動できるストレスフリーな動線が生まれます。家族の生活は、個人の生活の集合体です。住宅には、トイレのように非常に個人的な空間とリビングのようなパブリック性のある空間が共存しているので、それぞれの配置には、デリケートな配慮が必要です。まずは、プライベート性を軸とした各スペースをヒエラルキーで分け、互いの快適性を考えつつ、プライバシーが保たれる心地よい動線となるようにプランニングしていきましょう。

真に有効な動線を描く間取りを

プライベート性のヒエラルキーは、トイレは一番高く、次いで、浴室や洗面で、そして、個室あるいは寝室や子供部屋、キッチン、リビング・ダイニング、玄関というように低くなっていきます。パブリックスペースを、経由せずに階段で寝室とサニタリーが連結する動線を描ける間取りにするなら、寝室の個室を二階において、階段をおりてもリビングダイニングを通らずに、直接、一階のサニタリースペースに入れるようにするといいでしょう。

一階のリビングダイニングにつながる和室を設けて客間として使う場合にも、裏動線でリビングダイニングを通らずにサニタリースペースに抜けることができるようにしておけば、客人を泊める際にも便利です。そして、状況に応じて、パブリックとプライベートを使い分けることができるように、三本の動線を設ける間取りでもいいでしょう。

福岡の注文住宅では、JRと私鉄が通る春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市近辺が人気です。福岡市内を考えている場合は、福岡市東区近辺も人気です。