中古戸建てのメリットとは

人生で一番高い買い物は、住宅であるとよく言われます。ですからほとんどの人が金融機関の住宅ローンを利用します。ローンを組まずにキャッシュで購入する人は、ほとんどいないかもしれません。このように高額なマイホームですから少しでも安く購入したいものです。そのような場合には新築ではなく、中古戸建てを購入すればよいのです。中古と言っても新築同様の美しい外観を持つ物件も中には存在しています。そのような物件は前の入居者が、リフォームやリノベーションを施した為見栄えがよいのです。

中古戸建てのメリットは、そのようなリフォーム等を施した物件を安く購入できるという事です。さらに諸外国では築100年近い中古住宅が売りに出されているケースがあります。日本の住宅はそれに比べると寿命が短いと言われていました。しかし時代とともに日本の住宅事情も変わってきています。その為リフォームなどを施せば、50年以上の長い年月を維持することも出来るのです。

自分でリノベーションすることも可能

購入した中古戸建ては、自らリノベーションすることも可能です。間取りを大規模に変えてみたり、和風から洋風に変えるなど大規模に変化させることも出来ます。費用面で節約したい場合には、部分的なリフォームを施してみることも楽しいかもしれません。さらに自分で住むことも出来ますし、立地が良ければ他人に賃貸することも可能です。戸建ての賃貸は地域によっては需要が高く、供給が少ないため入居者がすぐに見つかる可能性も高まります。

新築一軒家にかかる料金は地域や大きさによっても様々ですが、国立の戸建てはリーズナブルだという声が挙がっています。その理由は2000万円台の物件が多く、ローンで返済しやすいからです。