頭金なしの住宅ローンはどうか

一戸建て住宅を購入する場合には、現金で一括払いをするよりも住宅ローンを組む人の方が多いです。一戸建て住宅を購入する年齢層は20代後半から40代前半位になりますが、それぐらいの年齢層で一戸建て住宅を一括で支払う人はそれほど多くありません。もちろん、親などが資金的に援助してくれる場合もありますが、それでもやはり住宅ローンを利用する人が多いです。住宅ローンを利用する場合に、最近は頭金を支払わないで審査に通すことができるところもあります。頭金を支払わないとすれば、蓄えがほとんどない場合でも住宅が購入でき非常に便利です。ただこの場合には、毎月の支払い額が増えることを覚悟しておきましょう。確実にこれから収入が増えるか先々まで支払い余裕があるならば問題ありませんが、そうでないならば頭金をしっかり用意した方が良いです。

頭金はどれぐらい入れるべきか

住宅ローンを組む際には、頭金を入れることが多いですが一体どれぐらいの金額を入れたら良いでしょうか。実は、明確な基準はなく人によって50万円程度しか用意しないこともあれば1,200万円ほど用意している家庭もあります。いずれにしても、生活に支障がない程度に用意をすることができれば問題ありません。もし可能ならば、たくさんお金を貯めてからそのお金を頭金にした方が審査に通りやすくなります。やはり、借り入れ金額が少なければ少ないほど審査に通りやすいと言うメリットがあるからです。借り入れ金額が少なければ、短期間で返済を得ることも可能になります。

東京にも色々な場所があり、国分寺の戸建ての相場は都心よりは安くなりますが、全国的には高い部類に入ります。