ベランダ側の防犯を意識する

2階や3階にある部屋ならば、ベランダ側からは侵入される心配がないと考えてしまう人もいますが、賃貸物件の構造によっては安心できません。近くに大きな木があるだけでも、その木を登って室内に侵入される可能性もあります。外側からは侵入できないよう、ベランダの柵の作り方を工夫していたり、大きな木が近くに生えていない賃貸物件が理想的です。

女性専用の賃貸は一人暮らしに最適

ストーカー被害に遭わないか心配で、どこの物件に引っ越せばいいのか分からなくて困っている女性に最適なのが、女性だけが入る事を許可されている賃貸物件です。自室にストーカーが近づこうとしても、賃貸物件の中に女性以外は入る事ができないので、ストーカー被害を心配している方々におすすめできます。不審な男性が賃貸物件の近くにいるだけで、管理人に相談できるところも魅力です。

監視カメラがあれば安心

空き巣が近寄りにくい賃貸物件で生活したい時には、監視カメラがいくつも設置されている賃貸物件を探してください。監視カメラがあるだけでも空き巣が嫌がって、盗みに入るのを諦める可能性もあります。エレベーターの内部に監視カメラがある賃貸物件なら、エレベーターの中で不審者と二人きりになっても襲われる確率が低くなります。

二つの鍵が取り付けられている物件

玄関ドアに二つのカギが付いている賃貸物件であれば、空き巣が室内に侵入するために長い時間が必要になるので、空き巣被害を防止しやすくなります。自室に出入りするたびに鍵を二つ開けるのは面倒だと感じるかもしれませんが、防犯のためには必要な作業だと考えてください。

北海道で暮らすには、その土地の気候に適応した物件を探しましょう。北見の賃貸物件では、貴方にぴったりの住居が見つかります。