良質な工務店を探そう

設計プランをあれこれ見直してコストダウンをはかるのは、とても大変な作業です。そのような負担を少しでも減らして、価値あるローコスト住宅を実現したいのであれば、技術が高くて価格も良心的な工務店を選べれば、建材や設備機器のグレードを落としたり、減らしたり、あるいは、希望をあきらめてコスト調整していくということも随分少なくなりますよ。近年、工務店同士で切磋琢磨していてコストコントロールには長けているところも多いので、いい工務店を見つけることもローコスト住宅を成功させる近道といえるでしょう。

どうやって工務店を選べばいい?

基本的に工務店探しも、今の時代ではインターネットで探す人も多いでしょう。ホームページのつくりがしっかりとしている工務店は、コスト意識が高い傾向にあります。経営者や社員のブログなどからも、会社の姿勢をチェックしてみましょう。独自の工法や治具の開発などで特許を取っている小さな工務店もあるんですよ。また、少数精鋭のところは、若いスタッフがいるところがいいでしょう。30代から40代の若いスタッフがいれば、技術革新やトラブルなどに柔軟かつ迅速に対応できることが多い傾向にあります。また、営業マンが4、5人規模のところは、無駄な経費がなくコストも抑えられますよ。

建築家に依頼する場合には、工務店選びは建築家に任せるのが一番です。コストだけみると安くないかもしれませんが、その建築家の仕事に慣れていれば、やり直しもなく結果的にはコストを抑えて満足できる家が建てられるでしょう。

二世帯住宅は、一室のスペースが広かったり、バリアフリーの設備が充実していたりするものが多く、育児や介護などに安心して取り組むことができます。